株式会社 長岡鉄工 お客様に喜んで頂ける品物づくりに一生懸命取り組んでまいります。

火造り・焼曲げ

  • HOME »
  • 火造り・焼曲げ

工場の前まで来ると、透明な防音カーテンを通して嫌でも目に入るのが、炉の火。赤々と燃えているのはコークス。炉は相当の年季物のようで、陶芸の窯を思い起こさせます。一体ここで何を造り、この火はどう使われるのか。

火造り(熱間)加工。炉でコークスを燃やし、その熱で金属を熱し、適度な柔らかさが得られたところで曲げを施すのです。今ではほとんど見られなくなった加工法です。

IMG_0291

IMG_0290

このいわば“自然の火”を利用することで、ベンダー(生曲げ機)やプレスなどによる物理的な力ではできない微妙な曲げが可能になり、さらには金属の密度が高まって強度も増すといいます。ですから、複雑で強靭な建築金物が必要な建設事業者は必ず「火造りで」と指定してくるのです。高速道路や橋の基礎などに長年使われる土木建築物の製造には最も適した方法です。

熟練した者が丁寧に仕上げていきます!!

 

SUS36丸両側ナスビオーフ25丸リング入

28丸吊りフック

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6575-9678 営業時間 8:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社 長岡鉄工 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.